前回は1~14号の紹介をしました。ここからは15号以降を紹介。

15号(5両)
20170811-1542_00541
20170811-1542_00542
20170811-1544_00545
20170811-1545_00548

16号(6両)
20170811-1505_00485
20170811-1505_00488
20170811-1507_00490

17号(6両)
20170811-1647_00622
20170811-1647_00623
20170811-1649_00629

18号(5両 アンパンマン列車)
20170811-1606_00557
20170811-1606_00559
20170811-1607_00561

19号(5両 アンパンマン列車)
20170811-1743_00691
20170811-1743_00692
20170811-1743_00694
20170811-1745_00696
20170811-1745_00698

20号(5両)
20170811-1704_00640
20170811-1704_00641
20170811-1704_00646

21号(5両 多度津でしまんと7号と連結)
20170811-1841_00763
20170811-1841_00764
20170811-1842_00765

22号+うずしお22号(4+2=6両)
20170811-1803_00714
20170811-1803_00715
20170811-1807_00720
20170811-1808_00721
20170811-1812_00724
20170811-1812_00725

23号+うずしお25号(4+2=6両)
20170811-1942_00787
20170811-1942_00788
20170811-1943_00791

24号+しまんと6号(4+2=6両 アンパンマン列車)
20170811-1908_00776
20170811-1911_00779
20170811-1913_00780

25号(4両 多度津でしまんと9号と連結 アンパンマン列車)
20170811-2042_00810
20170811-2042_00814
20170811-2044_00816

26号(5両)
20170811-2035_00802
20170811-2036_00807
20170811-2037_00809

27号(5両 下り最終)
20170811-2222_00855
20170811-2223_00856
20170811-2223_00857
20170811-2224_00859

28号+しまんと8号(4+2=6両 上り最終)
20170811-2124_00837
20170811-2126_00840
20170811-2127_00842
20170811-2127_00844
 いかがでしたか? 今ごろは高徳線沿線が最新鋭2600系の営業運転で沸いているころでしょう。その2600系は、当初は8600系と同じく空気バネ式の車体傾斜装置を使う予定でしたが、

新型特急気動車「2600 系」の営業運転開始について
http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2009%2025%2001.pdf

 2000系と同じ振り子式車となるようです。振り子式車の歴史は381系に始まり、この2000系で本格的に実用化されました。現在の振り子式車の実用範囲は広く、北は北海道から南は九州の長崎まで、全国各地で活躍しています。

 しかし、2001年にキハ187が登場したのを境に新しい振り子式車の形式は登場しなくなり、以降はよりコストカットできる空気バネ式が採用されるようになりました。JR北海道が空気バネと振り子装置の二重車体傾斜装置を備えたキハ285を開発しましたが、運営コストがかかりすぎるため営業運転に就くことはありませんでした。E353系がE351系によって置き換えられる予定が決まり、2000系が8600系に置き換えられたように、振り子式車の時代は終わってしまったと思っていました。

 その状況の中で今回2600系が振り子式車となることが決まったので、振り子式車に慣れ親しんできたぼくにとっては何よりの朗報となりました。せっかくJR四国がJR総研と協力し総力を挙げて開発した技術です。大人の都合で埋もれてしまわなくて本当によかったです。これから新しく登場する振り子式車2600系の今後の活躍を願って、結びの言葉とします。



おわり