前回の続きで、今度は100系の紹介。
20170918-1125_00865
 100系の車内はこんな感じ。
20170918-1128_00871
20170918-1128_00872
20170918-1129_00873
 0系にくらべてしっかりとした作りになっていて、乗り心地が良さそうです。1985年デビューいうことで、
20170918-1130_00875
20170918-1130_00876
 車内には電光掲示板が装備されていました。LEDの電光掲示板といえば最近のイメージ(90年代後半以降くらい)が強いですが、青色以外のLED(赤と緑)は80年代からすでに実用化されていました。1989年に登場したV編成には、LED式の行き先表示板が取り付けられていました。

 100系の最大の特徴は、2階建て車両。この中に入って見ましょう。
20170918-1131_00878
20170918-1132_00880
20170918-1448_00985
20170918-1450_00990
 2階には、0系にもあった食堂車がありました。
20170918-1133_00881
20170918-1449_00988
20170918-1133_00882
20170918-1448_00986
 視点が高くなった分、眺めがよくなったのでより食事がはかどったのでしょうね。

 300系からは高速化のために食堂車や2階建て車両が省略されました。その代わり徹底した軽量化が図られました。
20170918-1123_00863
20170918-1458_00997
20170918-1326_00918
20170918-1123_00861
20170918-1123_00862
 300系の中は
20170918-1006_00795
20170918-1004_00792
 だいぶ今の形に近づいてきましたね。300系はほかの形式と違って間接照明が用いられました。
20170918-1004_00793
20170918-1004_00794
 小さいころに「ひかり」として乗ったときのことが懐かしいです。あまりたくさんのことは覚えていませんが、この間接照明のことだけは少しだけ覚えています。今回、運転台が特別公開されていたので入れてもらいました。
20170918-1011_00796
20170918-1011_00797
20170918-1013_00799
 すっきりとしたグラスコクピットがかっこいいですね。0系と見比べてみましょう。
DSC_5496
 0系の運転台にはメーター類がぎっしり。300系の方が運転に集中できそうですね。

 最後は700系。
20170918-1215_00900
 700系は今でも走っていますが、この車両は700系の中でも最初に作られたものです。
20170918-1049_00827
20170918-1051_00828
20170918-1052_00829
20170918-1052_00830
20170918-1052_00831
20170918-1053_00832
20170918-1212_00898
20170918-1216_00901
20170918-1328_00919
20170918-1442_00979
20170918-1442_00980
 700系の車内はこんな感じでした。
20170918-1054_00833
20170918-1056_00834
20170918-1100_00836
20170918-1101_00837
 ここでJR西日本のB編成とくらべてみましょう。
20170917-1642_00728
20170917-1909_00729
20170917-1910_00730
20170917-1924_00739
20170917-1925_00740
20170917-1924_00738
 シートの色、電光掲示板の字体が全然違います。700系では所有会社ごとの特色が大きく出ています。しかしN700系ではこのへんの違いはすべて統一されました。

 次回はもうちょっと博物館のことを紹介してから徳島に帰っていきます。