「アーバンネットワーク」とは……Wikipediaの記事によると、かつてJR西日本が1989年3月11日から京阪神都市近郊区間をまとめて呼んでいた愛称のことです。今ではその愛称はすっかり使われなくなったようですが、「京阪神近郊区間」という堅苦しい言い方を避けるためこの表記をします。

 JR西日本が周辺の私鉄に対抗するため、この30年間でアーバンネットワーク内では車両や路線などにさまざまな改良が行われていきました。まずは車両の更新から。JR西日本は国鉄車を圧倒する性能の車両を次々と導入してきました。アーバンネットワーク制定元年の1989年よりJR西日本は221系を導入しました。
20170915-1051_00018
 従来型にくらべて窓が大きく、車内にはLEDの案内板が設置され、居住性も格段に向上。さっそくJR京都線、神戸線、琵琶湖線(東海道・山陽本線の一部)、大和路線(関西本線の一部)に導入されました。お次は通勤型の改善。2年後の1991年に207系が登場しました。
DSC_7388
 207系はJR西日本で初めてVVVFインバータ制御となった車両。通勤型でありながら120 km/hでの運転が可能です。それから、223系、321系、225系、323系など、次々と新しい形式が誕生していきました。特に223系と225系が運用に就く新快速は、特急列車顔負けのスピードで敦賀~近江舞子/米原~上郡/播州赤穂を駆け抜けます。(快速運転をするのは米原/近江舞子~姫路)
DSC_7169
 車両だけが速くても、路線が混雑しがちだと意味がありません。JR西日本は路線の複線化も進めていきました。嵯峨野線(山陰本線京都~園部)は1989年から少しずつ複線化が始まりました。それと平行して駅の高架化も進められていきました。2010年に複線化が完成し、京都駅構内を除き嵯峨野線は全線複線となりました。京都~木津(~奈良)を結ぶ奈良線は、部分的に複線化されていきました。現在でも複線化工事は続き、2023年の春には64%が複線化されます。

 さらに利便性を向上させるためJR西日本は次々に新しく駅を作りました。2004年以降に新しく作られた駅は

2004年3月13日 和歌山線 JR五位堂
2005年3月1日 JR神戸線 ひめじ別所
2007年3月18日 JR神戸線 さくら夙川
2008年3月15日 JR京都線 島本、JR神戸線 須磨海浜公園、山陽本線 はりま勝原
2008年10月18日 JR京都線 桂川
2016年3月26日 JR神戸線 摩耶、同線 東姫路
2018年3月17日 JR京都線 JR総持寺、おおさか東線 衣摺加美北

です。さらに2019年、嵯峨野線の京都鉄道博物館のすぐそばに新しく駅が作られています。このように、アーバンネットワークではJR西日本があらゆる面で私鉄と対抗するために力が注がれています。

 そのアーバンネットワークを網羅する切符があります。「関西1デイパス」です。これは季節ごとに分けて発売されています。今年2月までの冬バージョンはJR西日本のみどりの窓口で使う当日に買うことができましたが、今年春のバージョンからは前日までに買わなければならなくなりました。窓口で買うこともできなくなりましたが、みどりの券売機で買うことができるのでインターネットを使わなくても買うことができます。(この記事が公開されたとき有効な関西1デイパスのリンクを貼っては起きましたが、最新の情報はJRおでかけネットのトクトクきっぷの欄で確認してください。フリーパスタイプをクリック/タップすると出てきます。)

 その切符を使って今年2月11日から2月14日までにかけて、3日に分けてアーバンネットワーク内をひたすら友だちと乗っていきました。



1日目 2月11日
 この日は朝3時前の船で徳島から和歌山に行き、そこから南海電車で新今宮に行きました。新今宮から大阪環状線を使って大阪に向かいました。南海電車を降りてからたった数分で、オーシャンアローの名で親しまれる283系が通過すると知ったので、安全な範囲で急いでホームへ向かいました。

 いけるか? ムリか? まだオーシャンアローが来ていないことを祈りつつホームに入ってみると、オーシャンアローはまだ通過していないことが分かりました。そう分かるやいなや、撮影場所を探します。7時過ぎ、定刻通りオーシャンアローことくろしお2号がやってきました(初めて登場する路線名は赤で、駅名は水色で、列車名はピンクで表示します)
20180211-0702_00016
20180211-0702_00021
20180211-0702_00024
 先頭が貫通型……。いるか型の非貫通型で来るかと思ってたのに……。時刻表で調べたところこの列車は折り返しくろしお1号として大阪環状線を走るので、それを狙いつつ大阪方面に向かいました。でその途中、友だちに無理を言ってくろしお1号の撮影のために大正に立ち寄りました。時間になるまでポジションを探しつつほかの列車を撮ってウォーミングアップします。
20180211-0728_00030
20180211-0731_00031
20180211-0732_00032
20180211-0732_00033
20180211-0733_00035
20180211-0736_00037
20180211-0737_00040
20180211-0739_00042
20180211-0739_00043
 そして、7時44分、定刻通りにくろしお1号がやってきました。
20180211-0744_00045
20180211-0744_00052
20180211-0744_00059
20180211-0744_00060
20180211-0744_00061
20180211-0745_00062
 オーシャンアローはとてもかっこよかったです。さすがは振り子式車。スピード感のあるデザインはほかの287系、289系には負けません。

 オーシャンアローが行った直後、大阪方面の電車を待っていると201系が。
20180211-0747_00064
20180211-0748_00065
20180211-0748_00070
 323系の登場で今や追われる身となってしまいましたが、まだまだ元気なようでよかったです。大阪方面の電車に乗り、10分ちょっとで大阪に到着。いよいよ旅が始まります。

参考文献
アーバンネットワーク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF
嵯峨野線
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B5%AF%E5%B3%A8%E9%87%8E%E7%B7%9A



つづく