前回、晴れの日のさくらのの撮影方法を紹介しました。晴れの日には露出を多くすると
20160402-1017_00006
 かわいいさくらの写真が撮れます。さらに真っ青な空と組み合わせると
20160402-1038_00013
 いっそうさくらが映えます。さくらが咲くときは毎日こんな天気ならいいのに……。お花見も出来るし、写真も撮れるし、なにひとつ悪いところがないじゃないか……。しかし、晴れる日もあれば雨が降るのが現実。そんなとき、せっかくお花見に来たのに雨かよ……と意気消沈するのはちょっと早くありませんか? こんなのはあまりネットには載っていないので、今回は、いままで撮ってきた経験から独自で導き出した「雨の日のさくらの撮り方」を紹介します。

 当たり前ですが、雨の日には太陽は当たりません。代わりに雨粒が桜の木に降ってきます。

 ということで、その雨粒を利用してしまいましょう。マクロレンズ……はないので、既存のレンズにマクロフィルターを取り付けて撮影。
20170408-1643_00062
20170408-1642_00061
 ちょうど雨粒が花についていたので、これを利用してしっとりと落ち着いたさくらの様子を表現。この花たちが、晴れの日が全てでないということを教えてくれました。さらにもっと大胆にズーム。
20170408-1644_00063
 多分AFでピントを合わせたと思いますが、この領域まで来るとMFを使った方が良さそうです。

 今度は道行く人々とさくらを絡めて撮影。
20170408-1703_00067
20170408-1705_00069
20170408-1710_00070
20170408-1715_00074
20170408-1731_00079
 不思議なものです。人が傘を差しているだけで、何もかもが雨に潤されて見えるのですから。

 夜になり、ライトアップが施されます。夜桜はお花見するだけためだけのものではないことをご覧に入れましょう。雨が降るとお花見客はほぼ皆無となります。公園にはあまり人がいません。
20170408-1850_00106
 しかし、雨が降れば地面がぬれるので、しっとりとした雰囲気を醸し出すと同時にライトの光が反射し、不思議な空間を作り出します。
20170410-2038_00169
20170410-2054_00185
20170408-1925_00129
20170410-2103_00191
20170408-1904_00114
 雨が降ってもさくらが見たいという人もいくらかいました。しとしと降りの雨がやみ、すぐ近くのお店で人々がお菓子や食べ物を食べたり買ったりしています。
20170408-1911_00117
20170408-1912_00119
20170408-1912_00120
20170408-1918_00124
20170408-1911_00116
20170408-1915_00122
 さくらの花をぼかして人々の様子を撮っていきました。似たり寄ったりの構図でごめんなさい。とはいえこういう商店の様子を撮っていくのも、またひとつの楽しみ方なのではないでしょうか?

 晴れている日にくらべて人がいないので、撮影に専念することが出来ます。
20170410-2045_00176
20170410-2045_00178
20170410-2050_00183
20170410-2056_00187
 逆光も味方につけましょう。
20170410-2035_00167
 カメラには防滴機能が備わっているので、雨が降ってきたって動じません。これも味方につけましょう。シャッタースピードを1/30 sくらいに設定し、雨の描く線を強調しましょう。
20170410-2109_00192
20170410-2126_00194
20170410-2121_00193
20170410-2141_00197
20170410-2158_00206
20170410-2158_00207
20170410-2146_00199
 雨に打たれても、美しく咲き続ける健気なさくら。晴れの日のもいいですが、こっちもなかなかいいと思います。

 別の日、霧が出たのでこれも味方につけましょう。霧が幻想的な風景を作り出しました。
20170409-0514_00131
20170409-0516_00132
20170409-0519_00136
20170409-0520_00137
20170409-0522_00138
20170409-0523_00139
20170409-0528_00140
 霧や雨はふつうだと「悪天候」として敬遠されがちですが、撮り方や表現意図によってはむしろこういう天気の方がずっと都合がいいことがあります。これだから写真は趣深いものです。

 さて、今年はどんな撮り方をしようか……。