お花見列車が行った後、2600系が入線しました。うずしお8号です。
20180407-0915_00221
 10分近く止まっているので、その間に撮っていきましょう。
20180407-0915_00224
20180407-0916_00225
20180407-0917_00226
20180407-0917_00227
 ずっと前に2600系のことを「鬼」と言いましたが、それにふさわしき形相。発車の時刻が迫ってきたので、そろそろ中に入りましょう。(一部は高松駅で撮影)
20180407-0920_00228
20180407-0921_00229
20180407-0922_00230
20180407-1014_00232
20180407-1034_00234
20180407-1034_00235
 デビューしてからまだ1年も経っていない新車です。独特の初々しいにおいがします。内装は2000系にくらべてかなり進化しています。9時23分、発車ベルが鳴り、うずしお8号が出発しました。

 2600系のエンジン音はとても静かでした。N2000系にくらべて200馬力近くもパワーアップしているのでとても余裕のある走りを見せました。N2000系は走るときにガタガタと揺れますが、作りがしっかりしているのか全然揺れませんでした。

 傾斜角が緩く作られているのでN2000系にくらべるとカーブであまり車体を傾けていませんでした。座席はきれいでしたがちょっと固かったですね……。座席の固さはしばらくすれば柔らかくなるでしょう。次に登場する振り子式車の座席はもう少し柔らかくなってほしいですね。

 10時半ごろ、うずしお8号が高松に到着。キハ185で代走となっていたいしづち7号とそろいました。
20180407-1036_00236
20180407-1042_00248
20180407-1042_00249
20180407-1043_00251
 普段、いしづち号は8600系で代走されることになっています。
20170811-1411_00434
 だからこのようなことはないと思っていました。撮れて本当に良かったです。
20180407-1041_00245
20180407-1041_00247
 10時47分、いしづち7号が発車しました。
20180407-1047_00255
20180407-1047_00259
20180407-1047_00260
 9番のりばには、121系4両がいました。
20180407-1051_00266
 19編成いた121系はこの時点でわずか5編成にまで減ってしまいました。とても貴重な体験となりました。この列車は、10時54分に出発しました。
20180407-1054_00270
20180407-1054_00271
20180407-1054_00272
20180407-1055_00273
20180407-1055_00277
 そのほかにもたくさんの電車たちがいたので撮りましょう。
20180407-1038_00240
20180407-1039_00241
20180407-1056_00278
20180407-1059_00282
20180407-1059_00283

20180407-1104_00288
 11時07分、うずしお11号が出発しました。
20180407-1107_00291
20180407-1107_00292
20180407-1107_00293
 6灯にしてほしかったなぁ…………
20180407-1108_00294
 それから高松市中心部をうろちょろ。
20180407-1113_00302
20180407-1122_00306
 街の様子はだいたい分かるので、地図を持たずともお気に入りのうどん屋さんに到着。
20180407-1136_00319
 さかえだのうどんはいつ食べてもおいしいです。

 帰りの電車は高松を17時過ぎに出発。まだ5時間以上も時間があります。さあどうする?

 考えた結果、
20180407-1233_00345
 また電車に乗ることに決めました。ここから屋島に行って、2600系を撮りにいきます。栗林駅はこんな感じでした。
20180407-1234_00346
20180407-1236_00347
20180407-1236_00348
20180407-1237_00349
20180407-1238_00350
 1面2線の小さい駅。でも街中にあるので全部の列車が止まります。

 2600系の撮影のために志気を高めようとしていたら
20180407-1252_00352
 なんと雨が降ってきました!!

 いったいどうする?
20180407-1301_00353



つづく