高松駅に着いてから、さっそく改札の中に入りました。2600系を撮った直後、行った当時絶滅寸前だった121系に再会。
20180407-1633_00505
 あまりにも都合のいいタイミングだったので夢かうつつか分からなくなってしまいました。数分たってようやく現実だと理解したところで撮影を続けていきます。

 (撮った当時)もう近いうち見られなくなると思い、121系をひたすら撮っていきました。
20180407-1637_00515
20180407-1641_00517
20180407-1642_00519
20180407-1643_00521
20180407-1644_00522
20180407-1644_00523
20180407-1642_00520
20180407-1649_00529
20180407-1650_00530
 となりには30歳差の2600系がいたので
20180407-1644_00524
20180407-1636_00514
20180407-1648_00527
 新旧の組み合わせが撮れました。そう言えば朝には
20180407-1042_00249
 121系と同じくらいの時期に登場したキハ185と並びました。2600系、どんだけ国鉄末期の車両が好きなんだ?

 16時55分、121系4連が出発しました。
20180407-1655_00532
20180407-1655_00535
20180407-1655_00536
 もう二度と121系を見ることはないでしょう。次見るときは7200系として軽快な走りを見せてください…………。

 うずしお23号を使って徳島に帰りました。最後に2600系を徳島で撮りましたが…………
20180407-1830_00554
 残念。また2灯でした。
20180407-1830_00555
 今回の旅はかなりたくさんのサプライズがありました。天気は今ひとつだったものの、なかなか充実した旅となりました。まもなく登場する新型振り子気動車を楽しみにしつつ…………



おわり










 という感じで締めくくろうと思っていましたが、
20180407-1833_00557
 こいつが許してくれなかった!!!!

 というわけで延長戦に突入。タラコが引田に向けて出発したあとがら空きになったので、
20180407-1836_00564
 留置線にいるキハ185国鉄色をすっきり撮れました。おっと、動き出したぞ。
20180407-1837_00565
 18時41分、この編成が1番のりばに到着。
20180407-1841_00567
20180407-1842_00570
 この列車は、剣山11号となります。せっかく来たのでこれもまた撮影。
20180407-1849_00573
20180407-1849_00574
20180407-1849_00575
20180407-1849_00576
20180407-1851_00577
20180407-1854_00580
20180407-1855_00581
20180407-1856_00583
20180407-1856_00584
20180407-1858_00586
20180407-1858_00587
20180407-1901_00590
20180407-1902_00591
20180407-1903_00593
 19時05分、剣山11号が阿波池田に旅立ちました。
20180407-1905_00596
20180407-1905_00598
20180407-1905_00599
 この編成は朝に2回見ましたが、
20180407-0803_00117
20180407-0902_00196
 まさか同じ日に3回も見られるとは…………。



 結局、この旅の最大の目的は2600系に乗ることでしたが、途中で大物ゲストが何度も登場してしまったため、誰が主役かさっぱり分からなくなってしまいました。ま、いっか。



今度こそ、おわり