約20年前に産声を上げた、四国ならではの楽しいラッピン列車があります。それは、「アンパンマン列車」です。アンパンマンの作者・やなせたかし先生は、土讃線が通る高知県で生まれました。そしてアニメ『それいけ! アンパンマン』が始まったのは1988年のこと。それから12年後、2000年にやなせたかし先生のふるさとにアンパンマン列車が走るようになりました。

 当初はやなせたかし先生のふるさとに近い土讃線だけで走っていましたが、次第に走行範囲を広げ、今となっては四国全県で走るようになりました。今回は、四国に走るアンパンマン列車を紹介していきましょう。

 まずは土讃線から。土讃線を走るアンパンマン列車は、全部で2種類あります。一つは緑色のアンパンマン列車です。
20170811-0933_00181
 緑色のアンパンマン列車は、全部で3両です。使われる車両は、2007+2212+2104です。今のラッピングは2009年から続いています。普段は3両編成で運転されていますが、たまに増結されることがあります。
20170811-0930_00168
20170811-0930_00173
 この車両たちは毎日走ります。その時刻は

南風2号 高知6:00→ 岡山8:38
南風3号 岡山8:52→ 中村13:24
南風24号 中村15:10→ 岡山19:41
南風25号 岡山20:05→ 高知22:51


 です(2019年3月15日まで)。検査などで車両が使えない場合は別の車両が代わりに走ることになるので、3つのうちのどれかの車両が普通の車両となることがあります。

追記(2019/02/23)
 2019年3月16日からは

あしずり4号 宿毛9:05→ 高知11:06
あしずり3号 高知11:39→ 中村13:24
あしずり10号 中村15:10→ 高知16:59
あしずり11号 高知18:55→ 中村20:49

でうんてんされます。このためこの車両は高知県内でしか見られなくなります。

 おととし宇多津駅で撮影したときは、お盆のため2両増結されていました。
20170811-0757_00062
20170811-0758_00065
 これは岡山行き。折り返し、中村行きの列車となって帰ってきました。
20170811-0933_00180
20170811-0933_00183
 その後高知を越え、中村まで行った後、折り返して宇多津に帰ってくるのは夜7時ごろ。すっかり暗くなっていました。
20170811-1908_00776
 宇多津までは特急しまんとと連結していたので、赤青緑のカラフルな編成となりました。特急しまんとと分離した後、アンパンマン列車は岡山に去っていきました。朝は5両だったのに4両しかなかったので、高知か中村で1両を切り離したようです。
20170811-1913_00780
 そして、アンパンマン列車は再び宇多津に帰ってきました。
20170811-2042_00812
20170811-2044_00816
 別の日、丸亀駅で撮影。この日も増結されていました。
_DSC4461-20181028-0753-00083
_DSC4466-20181028-0753-00085
_DSC4469-20181028-0755-00088
 続いては、もう一つのアンパンマン列車を紹介します。もう一つのアンパンマン列車は、オレンジ色の車両です。
DSC_5294
 この車両もまた、毎日走ります。走る時刻は

南風6号 中村6:08→ 岡山10:33
南風7号 岡山11:05→ 高知13:41
南風18号 高知14:13→ 岡山16:41
南風19号 岡山17:05→ 高知19:43
あしずり11号 高知21:43→ 中村23:36

 です(2019年3月16日以降も変更なし)。使われている車両は2030+2230+2231+2130です。こちらはJR四国ではなく土佐くろしお鉄道が所有しています。その関係で毎日中村を出て中村に帰ってくる運用となっています。こちらも検査などで使えない場合は別の車両が使われます。お盆などでは増結されます。

 この日撮影したときはお盆だったので、1両増結されていました。宇多津駅には先に特急うずしおが先に入ってきたので、
20170811-0950_00189
 ゆっくりと入ってきました。
20170811-0956_00196
 こうして8両となったアンパンマン列車は、
20170811-0959_00200
 岡山に向かいました。それにしてもカラフルな編成。
20170811-1000_00201
 折り返し、高知行きの列車となってアンパンマン列車が帰ってきました。
20170811-1139_00303
20170811-1144_00310
 ここで徳島行きの特急うずしおを切り離し、高知を目指して去っていきました。
20170811-1145_00312
 夕方、アンパンマン列車が高知から帰ってきました。
20170811-1606_00559
 そしてそのまま岡山へ。しばらくするとアンパンマン列車が帰ってきて、夕日を浴びつつやってきました。
20170811-1743_00692
20170811-1743_00694
 そしてすぐ高知に向かっていきました。
20170811-1745_00696
 この二つが、高知を駆け抜けるアンパンマン列車です。

 アンパンマン列車では、車内チャイム・自動放送もアンパンマンです。かなりこった仕様となっています。(引用)

 さらにアンパンマンシートもあります。ここではアンパンマンの世界が忠実に再現されています。(引用)

 親子で一緒に乗るにはうってつけの車両です。

 ちなみに一部の駅ではアンパンマン列車が使われている列車でこのような表示もされます。
DSCN6210
 なんと電光掲示板にアンパンマンの顔が。LEDでいろいろな表示ができるようになったとはいえ、こんな表示があるとわかりやすくていいですね。

 四国のアンパンマン列車はまだまだいます。土讃線のほかにも、まだまだアンパンマン列車はいます。次回もアンパンマン列車の特集をしていきます。

_DSC7996
_DSC7711