2泊3日の松山遠征2日目。この日3月17日は、豪雨から復旧した予讃線をひたすら堪能することにしました。起きたのは朝4時半くらいだったかな?? この時間帯はまだ路面電車が走っていないので、歩いてJR松山駅を目指しました。大体20分で到着。乗る予定の列車は9時03分発宇和海7号。なのに駅に到着したのは6時前。普通に考えるとおかしな話です。

 ホームには、すでに8600系とキハ185がいました。8600系はしおかぜ6号・いしづち6号です。
_DSC2010_190317_055401
 そしてキハ185は、松山発長浜経由宇和島行き913Dです。
_DSC2011_190317_055625
 わざわざ早起きしたのは、このキハ185-3100が普通列車として走っているのを見たかったからです。キハ185自体は、国鉄時代末期の1986年にデビューしました。しかしそのわずか3年後に2000系がデビュー。性能で大きく劣るキハ185は瞬く間に活躍の場を奪われ、余剰になった車両は九州に転属したり、普通列車用に改造されました。

 そのうち普通列車に改造された車両が、この3100番台。特急仕様と違って、車体に赤いラインが入っています。ちなみにかつては、トイレ付きの車両も普通列車用に改造されており、3000番台を名乗っていました。
_DSC2020_190317_060030
 元々3100番台は、トイレなし特急仕様の1000番台でした。普通列車用に改造されるとき、車番に2100が加えられました。例えば写真のキハ185-3107は、かつてキハ185-1007でした。
_DSC2014_190317_055802
 改造された当初、普通列車用キハ185は今よりも頻繁に走っていました。しかし特急仕様に復元したり、観光列車用に再改造したりするために車両が使われてしまい、2000年では3100番台と3000番台が合わせて10両あったのが、現在では6両しかなくなりました(3000番台は全て特急仕様に復元されてしまった)。さらに2両単位でないと運転できないということで昼間はそのキャパを持て余すため、朝夕しか運転されなくなりました。(参考:キハ185系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 松山)昼間でも見られるのかと思っていたので、これはショックでした。

 で、ほんのわずかにしかない3100番台を見て、さらに松山の朝ラッシュを見るためにはどうしたらいいか、それを考えた結果、こんな朝早い時間に駅に入ることになりました。せっかくなのでほかの写真も見てください。

_DSC2018_190317_055942
_DSC2019_190317_060006
_DSC2021_190317_060101
 913Dは6時02分に定刻通り出発しました。普段徳島でキハ185を見ていますが、それと違ったキハ185が見られたので、早起きした甲斐がありました。

 次に3番のりばに入ってきたのは、6時22分発627D松山発内子経由伊予大洲行きです。
_DSC2037_190317_060759
_DSC2053_190317_062059
 キハ32×2というとてもコンパクトな編成です。この列車は、終点伊予大洲でさっきの913Dに追いつきます。1番のりばからは、しおかぜ6号・いしづち6号が出発しました。
_DSC2049_190317_061331
 まっくら………… 8600系7両以上がなかなか撮れずにいたので、もう少し明るくあってほしかったなぁ…………

 6時半頃になると2000系が入線。宇和海3号です。春分近くだったためこの時間になってやっと明るくなってきました。
_DSC2066_190317_063545
 水色の車両が多い中、一つだけ違う車両があります。それは、高松から転属してきたN2000系です。
_DSC2079_190317_064324
 2600系が高徳線に登場したので、余剰となったN2000系が2018年ダイヤ改正をもって松山に転属。こうしてN2000系は新たに宇和海として活躍するようになりました。これによりTSEがいなくても車両数が足りるようになったため、TSEは廃車となりました。

 今回の遠征の目的の一つが、このN2000宇和海を撮ることです。では、もう少し撮っていきましょう。真横からの撮影。
_DSC2071_190317_063722
_DSC2073_190317_063815
_DSC2074_190317_063817
 徳島ではN2000系が大部分の「うずしお」として走っていますが、こんなのは見たことがなく、新鮮でした。N2000系から「特急宇和海」、「特急宇和島行き」の文字が表示されるとは………… さらに今度はサボ。
_DSC2084_190317_064614
 なんだかしっくりこない。「うずしお」「しまんと」など、暖色系のサボしか見ていないからでしょうか??
20180407-0823_00153
 で、気になったので所属先を見てみると
_DSC2078_190317_064202
 ???? おかしいなぁ…………

 宇和海3号が出発していきました。
_DSC2088_190317_064835
_DSC2089_190317_064845
_DSC2093_190317_064908
 その10分後、別の宇和海が到着。宇和海2号です。
_DSC2094_190317_065814
_DSC2101_190317_065819
_DSC2104_190317_065901
 かつてTSEが担当していた運用の一つです。撮った当時では量産車が担当するようになっていました。本当にTSEは引退してしまったんだなぁ…………。宇和海2号はすぐ車庫に引き上げていきました。
_DSC2107_190317_070119
 7時05分、513M今治発松山行きの到着。四国の電化区間ではおなじみの7000系です。
_DSC2115_190317_070551
 その後ろ(宇和島寄り)では、8000系8連の入れ換え作業が。
_DSC2116_190317_070738
 それをよそに、7時11分、モーニングEXP松山が到着。新居浜方面から最初に到着する特急です。
_DSC2117_190317_071101
_DSC2118_190317_071109
 で、モーニングEXP松山が到着するやいなや
_DSC2129_190317_071228
 ノーマル8000系8連が入線。おいおい、こんなときにも縦列停車かよ!! しおかぜ8号・いしづち8号です。アンパンマン3連が伊予西条方面に引き上げていくと、8連は所定の位置に。完全に度肝を抜かれました。
_DSC2137_190317_071510
 3番のりばには、7時22分発627D松山発伊予市行きが入線。伊予市着は7時39分で、特に運転区間が短い列車です。
_DSC2140_190317_071751
_DSC2141_190317_071820
 かつて、特急用車両がこんなに短い区間しか走らないなんて、誰が考えただろうか…………。いちおう「間合い運用」はいくつか存在しますが、特急用車両として作られた車両が普通列車に改造され、終点まで20分かからないような短距離運用に用いられるとは、考えた人は少ないのではないでしょうか?

 さっきのアンパンマン3連が留置線に引き上げたので、不思議なツーショットが撮れました。
_DSC2149_190317_072051
 7時22分、627Dは出発。
_DSC2156_190317_072224
 かなり不思議な感覚にはなったけど、とりあえずキハ185-3100が見られたので良しとします。



つづく