前回、キハ185国鉄色の魅力をご紹介すべくコレクションを組んできましたが、実際にUPしていくと思っていたよりもたくさん写真を載せることになってしまい、長くなりすぎてしまいました。で、急きょ上下編に分けました。

 ホームEXP阿南が阿南が引退したその次の日、松山・宇和島旅行に出かけました。そのときまた4両の国鉄色先頭剣山を撮影。本当はこの場所で撮影したかったのですが…………
_DSC1795-20180527-0802-00001
 徳島駅に着いた後急激に晴れはじめました。そうなったときには改札内にいて、すでに手遅れ。仕方がなかったので、駅内でどうにかうまく撮影できそうな場所を考えて、
_DSC1602_190316_080152
_DSC1605_190316_080159
_DSC1620_190316_080437
 どうにか撮ることができました。

 春の日差しは強く、折り返し阿波池田行きの剣山として向かう列車は、
_DSC1693_190316_085747
_DSC1694_190316_085820
_DSC1675_190316_084906
 太陽の反射光でキラキラ輝いていました。光沢が強いステンレス車ならではの芸当。

 春になると夜より昼が長くなります。4月のこと、午後6時頃の撮影ですが、
_DSC6101
 まだ太陽が輝いています。暗くないので、特急剣山をラクラク撮影。
_DSC6162
 5月~6月になるとさらに日差しが強くなり、日も長くなります。で、また4両の国鉄色先頭剣山を撮ろうとしたら
_DSC8680
 右上に寄りすぎた。失敗。まぁ、トリミングすればどうにかなるだろ…………

 折り返しの列車は逆光でした。
_DSC8749
_DSC8761
 夕方6時半を過ぎてからの入れ換え作業。ギリギリ撮れる明るさです。
_DSC8951
 数分後に入れ換え作業完了。
_DSC8978
 19時過ぎ、定刻通り出発していきました。
_DSC9001
 レンズを買ってからは日の長い時期は初めてだったので、新鮮な体験ができました。しかしそれに飽き足らず、今度は1番のりばから出発する夕方6時の列車をどアップで撮ろうと考えました。いま、入れ換え作業が始まりました。
_DSC9985
_DSC9988
_DSC9991
 この日は剣山色との混結でした。
_DSC0001
 こうして出発時刻が迫り、カメラを構えました。さあ、どアップの写真は、撮れるか??
_DSC0032
 撮れた!!

 多少剣山色が移っていますが、まあいいでしょう。

 8月6日には2700系がデビュー。2700系目当てで撮影にきたとき、またまた国鉄色を撮影。
_DSC1151
_DSC1152
_DSC1155
 本当は到着するところを撮るつもりでしたが、うっかり失念していました…………

 その日の晩、2700系を撮影した直後に国鉄色コンビの入れ換え作業が始まりました。
_DSC1285
 時刻は夕方7時を回ろうとしています。辺りはすっかり暗くなっています。ヘッドライトが灯るとまもなく発車。
_DSC1310
 撮れるかどうか分からないほど暗い中、出発していきました。
_DSC1314
_DSC1317
 国鉄色コンビは、すぐに夕闇の中に消えていきました。
_DSC1319
 こんな暗い中で撮れるかどうかハラハラしながらの撮影でしたが、どうにか撮ることができました。

 次の日、今度は朝6時半頃からの撮影。無灯火で出発。
_DSC1354
 すがすがしい夏の朝の空気の中、国鉄色コンビは朝のジョギングをしにいきました。
_DSC1361
 そして3時間後、すっかり強くなった日差しの中、徳島に帰還。
_DSC1529
 国鉄色コンビ、暑そう…………

 いや、実際この時間になるともう暑いので、休憩しながら撮るというスタイルでした。本当に夏は夜中~日の出直後以外は暑いです。用が済んだので入れ換え作業後車庫に入っていきました。
_DSC1546
 その日の夕方も撮影にきました。入れ換え作業の時は曇っていましたが、
_DSC1731
 出発時には晴れてくれました!!
_DSC1753
 典型的な面縦となりましたが、もうちょっと小さく撮っても良かったかな??

 今年、阿波池田に南風の増結を撮りにいったときのこと。この日は、差し替えがなければ13時と16時に国鉄色が剣山としてやってくると読んでいたので、南風を撮るついでに撮りました。
_DSC2010
_DSC2112
_DSC2114
_DSC2129
 しかしこの日はあいにく午後から曇り。思ったより微妙な写りとなってしまいました。

 9月、暑さがだいぶ落ち着いて日も短くなってきた頃のこと、この日も国鉄色コンビを撮りにきたのですが、少し面白いものを撮りました。
_DSC3148
 なんと、一度に4つの剣山を見ることができます!! 左から、四国色……剣山13号、剣山色……剣山11号、四国色(帯の傾斜緩い)……剣山10号、国鉄色……剣山9号。今年3月のダイヤ改正によって昼行むろと・ホームEXP阿南運用がなくなったことで、このクアトロ剣山が実現しました。撮りたい方は是非夕方5時40分頃に花畑踏切に来てください!!

 で、この日はというと残念ながら国鉄色コンビのアップ写真は撮り損ねてしまいました。

 それから3日後、4両の国鉄色先頭剣山を撮るチャンスが巡ってきたので、朝8時頃にいつもの撮影場所に到着。今回は横撮りのち縦撮りという形で、ちょっと欲張ってみようと思いました。さあ、撮れるか??

 列車が迫り、まずは横持ちで撮影。
_DSC3287
 下のケーブルがちょっとうるさいけど、良しとする。急いで場所と持ち方を変え、本命の縦撮り!!
_DSC3289
 5月のリベンジのつもりで撮りましたが、そのときの写真より収まりがいいので、無事リベンジは果たせたと思いました。ちなみに5月に撮ったのは下の写真です。
_DSC8680
 下のが右下に寄っているのに対して、上のはほぼど真ん中に車両が収まっているのが分かると思います。トリミングすれば収まりの良い写真が簡単に作れるとは思いますが、最近トリミングした写真がなんとなく不自然に思うようになってきました。ノートリで撮った写真こそが、真の芸術なのかもしれません。

 その3日後、今度は特急うずしおとして撮りたくなりました。で、欲張ってまた横撮りと縦撮りで撮ってみました。
_DSC3560
_DSC3563
_DSC3566
 分岐器を渡る瞬間を中心に撮ろうと考えていましたが、今回は欲がアダとなり、思ったような写真が撮れませんでした(連写でどうにか残すに値するものは撮れた)。ちょっと欲張りすぎたかな…………?? キハ185のうずしおサボは鮮やかな緑色なので、ちょっと若返ったような印象を受けます。

 それからちょうど1週間後、秋分を少し過ぎた日、この日は4両の国鉄色先頭剣山が順光で撮れる大チャンスということで、早起きして出来島踏切に駆けつけました。来てすぐ雑草が多いことに気がつきましたが、ここまで来て引き返すわけにはいかず、撮影に臨みました。
_DSC3599
 見よこのバランスのとれた構図!!
 偏りのない光の当たり方!!

 これこそ自分が長らく求めていた写真だったのです!! さらに連写に任せてもう何枚か撮りました。
_DSC3602
_DSC3606
 長らく撮りたかった写真が撮れたので、この日はとても気分が良かったです。



 この車両が現れるまではキハ185には全然興味が出ませんでした。この車両のおかげで、今後は少しはキハ185も積極的に撮れそうです。



追記 2020年3月25日
 それから時は流れ、今年の3月にまた同じ場所で撮影にチャレンジしました。まずは3月7日の様子から。天候 曇り
_DSC7300
 晴れか曇りか微妙な予報だったたので、とりあえず行ってみました。しかしフタを開けてみればドン曇。その1時間後には晴れていたので、まさに天に見放された心地でした。

 3月12日、この日は快晴。リベンジにはもってこい…………かと思ったら、陰がかかりそうな様子でした。そしていざ撮影すると
_DSC7478
 ちょっと陰かかった…………、まあでもそんなにかかってないし、許容範囲。そもそも条件がとてもシビアで、少しでも時期が違うと側面つぶれ、もしくはマンションの陰がかかってOUTとなります。この場所でバリ順が出せる条件は、太陽の角度が110°程度のときです。そのとき天候が良く、なおかつ国鉄色が先頭にならなければならないので、チャンスは1年にわずか数回。このくらいの陰は妥協した方が精神衛生上いいのかもしれません。

 3月17日、少し位置をずらして撮影。
_DSC7703
 今度は陰がかかっておらず、そこそこうまく撮れました。今度のチャレンジは9月末くらいかな…………? 雑草がボウボウじゃなきゃいいけど。