令和初の撮影は原点回帰しようと思い、地元香川での撮影と決めました。で、高松駅で撮影し、
_DSC9218
_DSC9267
_DSC9360
_DSC9381
_DSC9442
_DSC9458
 さらには高松駅を抜け出し別の撮影場所に移動しました。
_DSC9511
_DSC9536
_DSC9538
 今回は撮影枚数が少ないため前半では使い回しの写真が多くなって申し訳ありません。これから新作をご紹介してきます。

 端岡駅まで歩いて戻り、今度は香西駅へ。そこから徒歩20分ほどで撮影上に到着。
_DSC9574
_DSC9576
 ここは上り・下り両方の列車が撮れます。望遠レンズの場合は下り列車の方が有利です。ここには一度撮りに来たことがありますが、コンデジでは迫力のある写真を撮ることはできず、今回再チャレンジという形でここに来ました。

 とりあえずシャッターを切るタイミングを探っていきます。
_DSC9587
_DSC9588
_DSC9590
 ここでお気づきでしょうか? 昼間は天気が悪かったのに、夕方になってきて空が明るくなってきたことに。下り列車には西日が当たるため、もしも天気が良ければバリ順のかっこいい写真が撮れるのではないかと考え、この場所を選びました。しかしながら晴れの予報にもかかわらずこの天気だったため、意気消沈しながらも撮影に臨んでいました。天は見捨てませんでした。

 17時20分頃、アンパンマントロッコが通過。
_DSC9603
_DSC9604
 わりとゆっくりとした通過でした。

 さらに2本の普通列車(サンポート含む)を見送っていきます。
_DSC9606
_DSC9608
 もうこれだけ撮ると、どのタイミングでシャッターを切ればいいかが分かってきたため、思い切った撮影ができるようになってきました。さらに天候が回復し再び太陽が当たるようになってきたため、テンションも上がってきました。そんな中、17時43分、マリンライナー52号が通過。
_DSC9611
 LEDサボが途切れていますが、それ以外は串パンもマンダーラもしておらず、バランスのいい作品となりました。マリンライナーの写真を1枚くらいは決めたいと思っていたので、結果が出せて一安心しました。

 続いてはうずしお22号。振り子で車体が傾いたところを撮っていきます。
_DSC9619
Excellent!!

 右上の煙突にご注目。先がフレームスレスレなのが分かると思います。あともう少しシャッター切るのが遅ければ、煙突はフレームアウトしてしまったためこの写真は作品として成立せず、削除されていたことでしょう。

 先に通ったマリンライナー52号と比べてみると、N2000系がいかに振り子を効かせているかが分かると思います。この記事を書いている今思ったことですが、これからはこんな感じで振り子を効かせてカーブを高速通過する列車を撮ってみたいと考えるようになりました。

 で、その後続のいしづち21号も同じく振り子式車両8000系でしたが、
_DSC9622
 車体があまり大きく写らずかなり不格好となってしまいました。車体上部にパンタグラフたあったため、それを入れるとなるとどうしても車体を小さくせざるを得なくなりました。先頭車両にパンタグラフがあるとこういうとき不便です。

 上り列車は逆光気味でしたが、その状況ならではの写真が撮れました。逆光の時はヘッドライトが良く映えます。ハイビームだとなおさらです。
_DSC9621
_DSC9629
_DSC9638
 18時18分頃、147M快速サンポート高松発伊予西条行きが通過。てっきり6000系単独かと思っていたら、
_DSC9643
 まさかの混結。きちんと運用を調べていなかったのでびっくりしましたが、元々練習台として撮るつもりだったのでそれなりうまく仕留められました。よかったよかった。
_DSC9644
 その後やってきた6000系が、1255M快速サンポート高松発琴平行きです。
_DSC9656
 ところで、6000系は1995年に登場した列車。現在で車齢は25となります。ぱっと見ではあまり傷んでいないように見えますが、それでも更新が必要な時期が迫ってきているでしょう。121系が7200系として改造され、7000系もまたVVVFが更新されたので、そろそろ6000系にも何らかの変化が訪れるでしょう。

 6月上旬ということもあって日が暮れるのが遅かったですが、18時半を過ぎると辺りが暗くなって来ました。18時43分頃、マリンライナー56号が通過。
_DSC9666
 マリンライナー52号と全然違う写真になったなぁ。比べやすいようにもう一度貼り付けます。
_DSC9611
 大きく違うのが光量の違いか?? 明るい方が、夕日を浴びて軽やかに駆け抜けていくマリンライナー、それに対して暗い方は、夕闇の中、前照灯を輝かせて突っ切っていく、ちょっと渋めのマリンライナー。結局鉄道写真は、鉄道車両の異なる表情を見いだすことが神髄なのかもしれません。

 もうここまで来るとだいぶ暗くなってきました。とりあえず明るさがある限界まで撮っていきます。149M高松発観音寺行きが通過。
_DSC9671
 まだいける。反対から、いしづち26号が通過。ハイビームがまぶしい。
_DSC9674
 遅れて538M琴平発高松行きが通過。
_DSC9675
 その後何本か電車が来ましたが、失敗。次にまともに撮れたのは、その30分後。19時20分過ぎ、151M高松発観音寺行きが通過。
_DSC9691
 もうこれ以上はムリ。ということで、この日の撮影はこれにて終了。次の高松行きで高松駅に戻りました。そしてうずしお31号で帰りました。
_DSC9697
_DSC9699
 今回の撮影では、地元香川ではたくさんの良好な撮影地があることが分かりました。しかし今回行けたのはほんのごく一部。まだまだたくさん撮影地があると思うので、これからも地元の素晴らしい撮影地にどんどん行ってみたいです。
_DSC9395
おわり