高知の第三セクター、土佐くろしお鉄道。西側の中村・宿毛線に乗った後、今度はごめん・なはり線に乗ってきました。この線はローカル線で、終始のどかな風景が広がっていました。しかし太平洋の眺めは格別でした。
_DSC5477
 ごめん・なはり線から戻ってくるなりすぐに高知駅内での撮影に戻りました。あしずり7号となる列車が到着。
_DSC5495
 その後サボを正しく直し、
_DSC5500
 高知駅を後にしました。
_DSC5508
 その後、あしずり9号となる列車が入線。前の日6灯で来たので、
_DSC5159
 この日も6灯で来てくれるかと思ったら
_DSC5513
 2灯。無念。

 16時20分頃には、志国高知幕末維新号が到着。前の日まともに撮れなかったので、リベンジ。
_DSC5530
_DSC5535
 今度は近くで撮影。
_DSC5545
_DSC5536
_DSC5542
 夕日がええ味出しとる。
_DSC5539
_DSC5540
 今度はノーマル185を撮影。
_DSC5546
 徳島で見慣れているためあまり珍しく見えませんでした。

 サボを除いては。
_DSC5547
 とりあえずはリベンジ成功。引退間近だったので、撮影できて本当によかったです。今頃は後任のトロッコ列車が、土讃線を駆け抜けているんだろうなぁ…………

 その後、維新号は高知運転所に回送されていきました。
_DSC5553
 南風13号が到着。
_DSC5556
 その後、あしずり9号となる列車が入線。
_DSC5559
_DSC5561
 前の日はあまり撮影するのに時間に余裕がありませんでしたが、今回は余裕があるため落ち着いて撮影に臨むことができました。
_DSC5564
_DSC5563
_DSC5562
_DSC5572
 16時49分、あしずり9号が6灯で出発。
_DSC5574
_DSC5576
_DSC5581
 一方、その頃南風13号→24号としまんと6号の連結作業が終わり、5両編成が完成しました。
_DSC5597
_DSC5583
_DSC5603
_DSC5611
_DSC5608
 続いては連結部分を車内から撮影。
_DSC5609
_DSC5610
 南風24号としまんと6号では、別々のサボとなっていました。これは2階建て列車(物理的に2階建てではない。二つの別々の列車を連結している列車)ならではのものですね。N2000系と2000系の混結も見所。2700系ではこの光景は見られなくなります。果たして、いつまで見られるのだろうか…………??

 しまんと6号は5分くらい遅れて発車。結局宇多津までずっと遅れを引きずり続けましたが、そこからは最高速度の高いN2000系の見せ場。宇多津からN2000系だけの編成となったので、鬼無あたりまで飛ばしていきました。

 どうやら、古くて遅いキハ185でも定通ができるよう、高松~宇多津でのしまんと・いしづちのダイヤは寝ているらしいです。そのため時刻通りならノロノロ運転だったところですが、遅れを取り戻すため、N2000系ができる限り飛ばしているのにはしびれました。しかし鬼無からは先行列車に追いついたためやむなく減速。せっかく遅れを取り戻せたのに…………

 そんなわけで高松には3分くらい遅れて到着。
_DSC5614
 時間がなかったらしくすぐに回送されていきました。

 実は、鴨川駅でアイランドEXPを追い越していたため、急きょ予定変更でその撮影へ。それまで少し時間があったので、ほかの車両を撮っていました。
_DSC5616
_DSC5623
 19時46分、アイランドEXP到着。去年春から列車の位置情報が公開されるようになったので、完全にそれに頼る形となりました。
_DSC5625
_DSC5633
_DSC5642
 もう少し撮っていたかったのですが、晩飯の都合があったためこれで撤収。

 21時過ぎ、再び改札に入りました。サンライズ瀬戸を撮った後、
_DSC5644
 いしづち30号が到着。
_DSC5649
 右端危なかった。

 最後の列車は、うずしお31号。となりに7200系がいたので、
_DSC5654
 少し似た色同士が並びました。これは意図したものだったのか、はたまた偶然だったのか?

 うずしお31号の撮影。
_DSC5671
_DSC5670
_DSC5660
_DSC5658
_DSC5656
 ある程度撮ったところで、時間となり高松を出発。徳島駅には定刻通り到着しました。
_DSC5675



 今回、1泊2日のとても忙しい旅行となりましたが、日数のわりにとても充実したものとなりました。しかしやはりバースデーきっぷの有効期間を使い切れなかったこと、日程に余裕がなかった事が少し心残りです。次に高知に行くときは、もう少し長い日程を組むのがいいですね。それにしても四国に新幹線がほしい。



おまけ
 今回、旅行した2019年11月現在で現役だった、JR四国の特急型車両が全て出そろいました。

キハ185
_DSC5031
_DSC4992

2000系
_DSC5216
_DSC5350

8000系(超脇役)
_DSC5028
_DSC5616

N2000系
_DSC5000
_DSC5138
_DSC5597

8600系(脇役)
_DSC5005
_DSC5649


2600系
_DSC4956
_DSC5623

2700系
_DSC5057
_DSC5270
_DSC5574
_DSC5675

 こうして考えると、四国には多種多様な車両があるのだなぁと改めて実感しました。ただ今後2700系が増えると状況が変わってくるに違いないので、特に2000系やN2000系には早めに乗っておきたいところです。



おわり